2006年05月23日

山ウドとコゴミ

父の田舎(新潟)からが届きました〜ぴかぴか(新しい)
農家なので、季節ごとにこうやって地のモノを送ってくれるの。

今回届いたものはコチラ☆
ウドとコゴミです!

Untitled21.jpg

さっそく、事典で調べてみたよ(≧▽≦)

ペンウド
山や林道や河べりに自生。採取時期は4〜5月。
野生のウドは風味が強く刺激的な味。旬は春。

固い皮は浅く削り取り、そのまま煮物にも。
白く仕上げたい時には皮を厚めに剥き短冊切りにし
酢水にさらす。

ペンコゴミ
別名クサソテツ。(っていうか、こっちが本名)
シダ類の中でももっともおいしいと言われており、
湿り気のある林の中などに群生する。葉が巻いている姿が
かがんだ(こごんだ)ように見えるからコゴミと呼ばれている。

たっぷりの熱湯に塩をさらして空くを抜く。独特の歯ごたえが
残るように茹で過ぎないように。おひたしや和え物など。


山奥に入って、叔母さんが採取してくれた山菜。
でも、最近では他所からやってきた素人が山に入って
山菜を取ることも多いみたい。

採り立ては美味しいんだろうなぁ。
山菜って春の味って感じだよね〜!

でも素人が姿容が似ている草を山菜と誤って食べてしまったと
いうニュースも多いので気をつけないと危ないっす。
特にシダ植物の若芽なんて、私どれも同じに見えるのは
私だけ?(; ̄ー ̄A アセアセ・・・











yuka* 18:04 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | 野菜のソムリエ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。